セキスイハイムで家を建ててみた!(中古物件の購入)

中古物件購入サムネ

中古物件の購入

こんにちは、かっちゃんです!今回は、セキスイハイムを建てる前の中古の一戸建てを購入してみたお話です。

賃貸で年に100万円もお支払いする納得がいかない生活を切り捨てるべくですね、とりあえず資産になるものを購入しておこう!ということで、中古の一戸建てを探しました。とりあえず夫婦二人ですし、将来子供ができたら家の中もぐちゃぐちゃになるだろうから、中古のきちゃない家でもいいよね?そんな感じになったワケです。一戸建て庭付きなら、わんちゃんも飼えますしね。

物件探し

一戸建て

まずは、不動産屋を訪問です。昔からある地元のこじんまりした不動産屋とか。大手の名の通った不動産屋とか。あちこちご相談にいきました。新聞を取ってる方なら広告でチラシが入ってくるのでそれを参考にしてもいいですね。

昭和47年建築の物件

中古物件の間取り

いろいろ見てヒットした物件がこちらです!昭和47年7月建築の木造住宅(平屋)になります。この物件にはまだ人が住んでおりました。高齢のご夫婦で、ご主人さんだけこちらの地域に単身でお仕事されていて住まれていたようです。別荘みたいな感じですね。ご主人さんは大柄な方だったので、お風呂や洗面、トイレは大きなものにリフォームされていました。内装は住まれていたこともあって、かなり綺麗でしたね。実際にご夫婦とお話して購入を決めました。土地と建屋で、1450万円です。土地は72坪、建屋20坪。

やはり一軒家は快適!

家族

賃貸からの引越しも終わり、じっくりゆったりできる一軒家に生活の拠点を移しました。近所の方々もご高齢の方が多く、息子みたいな感じで接してくれるので近所付き合いもうまくいけそうです。

屋根裏に入ってみる

中古住宅屋根裏
中古住宅屋根裏
中古住宅屋根裏
中古住宅屋根裏

昭和47年建築の木造中古住宅の屋根裏でーす。なんか梁って足してもいいものなのかな?微妙に割れてきたりしてますしね。断熱材の入れ方も雑ですし、外との換気も抜群にいいですね。これでは、ねずみも入り放題でーす。現に近所のネコちゃんがいなくなってからは、うちの屋根裏がねずみの巣になっていました…。

こういうところって、やっぱり買ってからじゃないとなかなか見させてもらえませんから。まあ、案の定って感じの屋根裏でしたねー。シロアリの被害はありませんでした。

駐車スペース拡張工事

駐車スペース拡張工事
駐車スペース拡張工事

車を駐車しておくスペースが一台しかありませんでしたので、入居前に駐車スペースの拡張工事をしました。この拡張工事が結構大掛かりです。既存の車庫を壊して、もう一台分のスペース確保のために土を排出して、家が崩れてこないように頑丈な壁を作らないといけません。この工事をしてもらう業者を探さなくてはいけません。地元のリフォーム業者でも良かったのですが、一見さんで行くのはどうも足元を見られそうで嫌だったのです。手抜き工事なんかされたら修復不可能です。そこで、実家でお世話になっていたセキスイハイムのセキスイファミエスさんに頼むことにしました。セキスイハイムに外構工事を頼むとめちゃめちゃ高いと有名ですが、やはりワケのわからない地元のリフォーム会社に頼むよりは安全だなと思いこちらにお願いしました。

ちなみに、2004年工事で総費用は223万円ほどです。この中に新規のフェンス追加工事と、二台分のカーポートハイルーフが入る背の高いやつが入ってます。この見積もりを今回の外構担当者に見せると、今この工事をやったら倍ぐらいの値段はするかもしれないと言っておりました。人件費や材料の高騰ですね。やるべきことは先延ばしせずに、どっちみちやるなら早いほうがいいかもしれませんねー。

まとめ

昭和47年建築のお家だったので、もちろん家の評価格は0円に等しいぐらいです。その分、自分たちの生活に合わせた環境作りをしなくてはなりません。プラスアルファ予算が必要ですが、今も将来も必ず必要なことですのでちょっと無理してでも工事を強行しました。

この工事をごらんになっていたお隣さん。職人さんと仲良くなられたようで、「ぜひ自分ちの玄関まで上がる階段のリフォームをお願いしたい」と、セキスイファミエスに依頼されたようです。ご近所さんは散歩がてら必ず見てますので、丁寧なお仕事とご近所さんへの心遣いが次の仕事を生み出すのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です